焼香の疑問お答えします!! 覚えて役立つ焼香マナー

仏式(仏教)の葬儀・告別式に参列する時には、覚えておきたいマナーやしきたりがいろいろありますが、なかでも最も緊張するのがご焼香の作法です。
今回は「焼香」について触れていきたいと思います。

【焼香ってなに?】
焼香とは、葬儀などの儀式において、死者を弔うために香(線香や抹香など)を焚くことを言います。お香には、その香りで邪気を祓い、霊前を浄め、冥福を祈る気持ちと意味がこめられています。しかし、宗派によって焼香の作法がそれぞれ異なりますので、その都度配慮が必要です。

ep28_01【なぜ、回数の違いがでるのか?】
宗派によって信じている思想が異なります。その思想の数が焼香の回数に影響しているようです。たとえば、真言宗は「仏・法・僧」の思想で3回、浄土宗は「身を静めて、心を清めて」
という意味で2回行います。
ただ、地域やお寺の考えによっても、回数は異なりますので、統一の回数というものは
決められていないようです。
各宗派の焼香の回数を作法と一緒にご紹介します。

【違う宗派のお葬式ではどう焼香すればいいの??】
参列したお葬式が自分とは違う宗派だった場合、葬儀が行なわれている家の宗派にあわせるべきだという意見もあります。
しかし、あくまでも心を込めて祈る気持ちが大切ですので、あまり宗派による作法の違いにこだわることなく、御焼香頂ければ良いのではないかと思います。

【焼香といえば数珠も外せませんね!】
数珠は本来、念仏を唱える回数を数えるために使われていたそうです。数珠の玉の基本はなんと108個となっており、その半分の54個、さらに半分の27個のものなどもあるそうです。


焼香の回数は?

お葬式で必ずすることになる焼香。皆さんは、焼香をする回数って何回にしていますか?周りの人がやっているのをみて見よう見まねで回数を決めている…という方も多いのではないかと思います。

実際、私も学生時代は周りの人や親戚のおばさんに「3回しときなさい」と言われ、その言われるがままに焼香は3回するようにしていました。

宗派によっては1~2回が推奨されている場合もありますが、焼香は心を込めて亡くなった方の冥福を祈る為にあるものです。

ですから、焼香の回数を間違えたからと行ってさほど気にすることはありません。厳密に決めている場合や参列者が多い時は大抵「焼香は○回でお願いします」と司会の方から案内がありますので、その指示に従いましょう。