葬儀社の選び方「担当者の人柄を見る」って何?

担当者の人柄を見るとは

葬儀社の選び方の一つに「担当者の人柄を見る」

というポイントがあります。

「人柄を見る」なんとなく意味が分かりそうで分からない。

葬儀社選びというお困り事を解決するために

実際にあったお葬式を元に事例をあげて説明します。

=============================

ある日のお昼、式場の事前相談スペースにおいての来店の対面相談です

昨夜の深夜にご兄弟の方が亡くなられたそうです。

兄弟の事で突然だったので葬儀社を決めていなかったため

病院から紹介された葬儀社にお迎えをお願いし、

その葬儀社の霊安室に安置をお願いしたそうです。

通夜・葬儀という形ではなく、事情もあるため

火葬式(葬儀を行わない火葬のみ)をご希望でした。

現状とご予算をお伺いし、お手伝い出来る部分をご説明しました。

つまり、安置場所は他社の葬儀社で、そこから移動を行い、

弊社にお願いをするという事です

ここでの注意点は

病院から霊安室までの搬送費用や霊安室料、1日分の

ドライアイスの費用は病院から紹介をされた

葬儀社にお支払いをするという事です

そこから弊社が対応する為、弊社へのお支払いももちろん発生します

両方を合わせるとご予算をオーバーしてしまうのです。

ご兄弟の中で色々と検討された結果、最初の病院のお迎えの費用や1日分の霊安室料を

お支払いしたとしても他社の葬儀社から変更して

弊社に今後をお願いをするとの事でした。

ご予算を多少オーバーをしておりますが、それでも良いとの事です。

弊社に相談された時点で費用の面をとても気にされておりましたので、

不思議でなりません。

しかしその理由が他社の霊安室にお迎えに上がった時に

その理由がわかったような気がしました。

それはなぜかと言うと担当した方の対応が表面上は良さそうなのですが、

なんとなく嫌な感じを醸し出していたからです。

それはご家族とお話をする場面ご家族の見ていないところでの所作

同業者に対する対応の仕方などなど、あまり快くない対応でした。

表情を見る限り、目が怖いのです。

同業者も威圧感を感じるほどです。

葬儀の仕事は目配り気配り心配りと言われております。

担当者の印象でご家族のお葬式に対する気持ちも変わります。

ご家族とその後お話をしましたが、やはり嫌な感じがしていたとの事です。

特に断る際には露骨に嫌な顔をされ、かかった費用も急に割引をされ

そこからも引き止めようとされたとの事でした。

無事に霊安室から弊社の霊安室に移動が終わり

打ち合わせもある程度決まっておりましたのでスムーズに進みます。

翌日は友引でしたので翌々日に10名様お集まりの中、

ゆっくりとお別れを行って頂きながらお見送りをして頂きました。

=============================

担当者の人柄を見るポイントとしては

「見た目の印象はどうか?」

第一印象で引っかかる部分は無いか

「会話だけでなくふとした所作はどうか?」

歩き方、ドアの締め方、後ろ姿、この人に大切な方を任せても大丈夫かどうか

「対応に心がこもっているかどうか?」

話し方、安易に割引などで気を引こうとしていないか

今回のケースから見えてくるポイントです。

「担当者の人柄を見る」は事前相談の段階で可能です。

ぜひお役立てください。

ちなみに今回のケースは

病院から紹介された葬儀社に安置されたとしても、まだ断る事ができています。

「嫌な印象だけど安置まで済んだから断りづらい」そんな時は

ご相談ください、費用の面でも対応の仕方も一緒にサポートします。

野田市 斎場を利用してのご葬儀・家族葬は、事前相談で分からない事、不安な事

を解決してくれるアートエンディングにお任せ下さいませ。

このまま事前相談はこちらから


知ってほしい・・・葬儀のこと、自分のこと、家族の願い・・・

OLYMPUS DIGITAL CAMERA弊社では、電話やインターネットによる事前相談やお見積もりを行っています。以前と比べ、今や事前の葬儀のご相談は、珍しくないものとなりました。それは、葬儀が葬儀社や地域によってのものではなく、ご本人、ご家族様主体のものに変わりつつあるからです。
ご親族、隣近所や地域の関わりが深かった昔は、自分の家族の葬儀であっても、自由に決められないものでした。しかし、少しずつそういった規模が縮小してきた今、故人様の意向や遺族様の意見が取り入れられ、自由でオリジナリティー溢れるご葬儀が実現可能となったのです。そしてそれは、事前の準備があってこそ、素敵な心温まるご葬儀となりえるのです。

事前のお見積もりには、様々な利点がございます。
① 葬儀の内容を知り、相場が分かる。
② 突然の事態にも、冷静に対応できる。
③ 高額な葬儀を、数時間で決める必要がない。
(葬儀社の言いなりにならない)
④ ご自分の葬儀相談の場合、意見を盛込める。

亡くなって一番大変な想いをするのは、残されたご遺族です。亡くなった悲しみに浸る時間もなく、故人様の意向もわからないまま、葬儀を決めなければならないのです。

そのために、弊社では、『エンディングノート』をお勧めしています。この『エンディングノート』というのは、自分の生い立ちや学歴、職歴などに加え、今後の夢ややりたい事、家族に託した想い、希望する葬儀や事務手続きなど、まさに自分の人生を描いたノートです。
そうすることによって、目標がはっきりと定められ、豊かな人生を送ることが出来るのではないか・・・と考えます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA自分の死後のこと、ご主人や奥様のことを、縁起が悪くて考えられない・・・そうお考えではありませんか?
人は一人で最期を迎えますが、たった一人で生きてきてはいないですね。生きてきた証と、残された方々への恩返しの想いを込めて、『エンディングノート』、書き綴ってはみませんか?

事前相談、お見積はお電話やメールにて承っております。ご相談件数が多い場合はお時間を頂く場合もございますが、ご期待に沿うよう迅速な対応を心がけておりますので、是非一度ご相談くださいませ。