ご遺族様への配慮

配慮故人の霊を慰めるお葬式。故人への配慮は勿論ですが、残された御遺族の方への配慮も忘れてはなりません。
故人やご家族とあなたとの関係にもよりますが、お通夜・お葬式当日やその周辺の日は御遺族の方と長時間話すのは避けましょう。
特に死因や死亡時刻などの直接的な話を根掘り葉掘り聞くのは御遺族の方の心の傷にさわりますので控えましょう。
大切な人が亡くなったショックやお通夜・お葬式の準備で疲れきっている御遺族の心中を察し、遠くから見守るのがマナーです。
ただし、御遺族の方が話を聞いて欲しそうだったり何か困っていそうだったらこちらから「何か出来ることがあれば遠慮なくおっしゃって下さい」と言いましょう。
たった一言ですが、御遺族の方への思いやりは十分伝わります。