野田市斎場の予約は、取るのが大変です。

野田市役所野田市斎場の予約は、野田市役所で取ることが出来ます。他の自治体ではHPの予約システム、または電話予約システムにて空き状況確認や予約を何処に居ても取る事が出来るのですが、野田市斎場は野田市役所に死亡届を持って行かないと予約を取ることができません。

その為、電話で空き状況を確認したとしても、野田市役所に着くまでに、他の葬儀社さんが先に野田市役所に着いてしまうと次の日の利用にずれてしまうのです。

普段、予約を取る際は日程の段取りがついた瞬間に、野田市役所に急いで行く。しかも必ず取れる保証はないので、万が一、着くまでに予定していた日をとられてしまうと、またそこから日程の確認をしなければならない・・・・。

段々と予約のやり方も改善されていくことを望むばかりです。

野田市役所の野田市斎場ご案内ページ 


野田市斎場 葬儀の流れ

野田市斎場施行画像野田市斎場では、お通夜と告別式を執り行う事ができますが、葬儀の流れとしましては、お通夜はほとんどの場合、18時からになり、告別式は火葬時間の1時間30分前の開式になることが多いです。

お通夜の晩は、親族控室(畳のお部屋)に泊まることも可能ですが、シャワーなどの設備はありませんのでご了承くださいませ。

火葬のお時間は約1時間30分ございますので、精進落としの本膳は火葬中に食べることが多く、その後収骨し、解散となります。

式場の予約などは、野田市役所にて手続きを致しますので、書類を葬儀社にお渡し頂ければと思います。


野田市斎場のアクセス

野田市斎場の地図野田市斎場へは、電車か車で行くことができます。最寄りの駅からは距離がありますので、歩いていくことは難しいです。

●野田市斎場へ電車で行く場合

野田市斎場は、最寄の駅が東武野田線の「野田市駅」又は「愛宕駅」になっております。駅からは以下の方法になります。

タクシー・・・東武野田線「野田市駅」又は「愛宕駅」下車 タクシー約10分くらいにまります。

※タクシーは「愛宕駅」より「野田駅」の方が捕まりやすいかと思います。

●野田市斎場へ車で行く場合

1.常磐道柏IC・国道16号線柏方面から野田市斎場

常磐道「柏インター出口」より国道16号線にて、春日部・野田方面へしばらく進みます。約8キロメートルほど進みました「野田市駅入口」の交差点を右折いたします。右折後、三つ目の信号を左折し、約500メートル程進みました左側が野田市斎場になります。

2.東北道岩槻IC・国道16号線春日部・岩槻方面から野田市斎場

東北道「岩槻インター出口」より国道16号線にて、野田・柏方面へしばらく進みます。20kmほど進みますと野田市に入ります。野田市内に入りましたら左角にヤマダ電機がある交差点「柳沢」を左折します。左折後、二つ目の信号の二股の道を右方向へ進みます。道なりに800メートルほど進んだ右側が野田市斎場になります。


野田市斎場の霊安室

霊安室万が一の際に、病院からご自宅への移動が住宅事情などで困難な場合は、霊安室を利用することになります。

ただ、野田市斎場の霊安室に病院から直接ご安置することはできません。お棺にお納めされた状態でなければ、預けることが出来ないのです。

そこで弊社では、いったん流山市にある民間の霊安室にご安置させて頂き、打合せにて日程などを確認させて頂いてから、ご納棺し、野田市斎場の霊安室に移動となります。野田市斎場の霊安室は2室あり、どちらか空いていれば預けることが可能となります。

霊安室料は、流山市の民間霊安室は一日約10,000円、野田市斎場の霊安室は一日1,080円となります。公営の施設なので、費用もそれほど掛からずにお預け頂けます。

ただ、霊安室を使用しますと、一度もご自宅へ戻ることなく火葬となりますので、よくよくご相談頂いてからのご利用をおすすめ致します。


野田市斎場の特徴

野田市斎場外観野田市斎場は、野田市が運営する火葬場併設の公営斎場になります。

大小二つの式場があり、小規模のご葬儀から大規模葬まで対応しております。

 

 

野田市斎場式場野田市斎場をご利用希望の方はお気軽にご相談下さいませ。

解り易いお見積書を即日発送させて頂きます。