看取られたその後は

今回は、病院でお亡くなりになった時のお話をさせていただきます。

いつかは来る別れと知りながらも、なかなか受け入れられないものです。しかしながら、その時は訪れます。立体病院青

悲しんでいる中、病院からはその後の事を聞かれます。病院には、ずっとご安置しておくことができない場合が多いからです。

まずは、移動してくれる葬儀会社を聞かれます。そして、その後葬儀会社の人に、ご自宅に戻るか聞かれると思います。更に移動をした後は、打ち合わせとなっていくのです。

亡くなってからあっという間に、現実的な話になっていきます。

もし、病院からご自宅に戻れるのであれば、お布団を1枚敷ける場所があるかどうかを確認してください。ベッドなどでもご安置は可能です。安置の後は、お線香をあげる準備やドライアイスのご処置などをすることになります。

では、マンションの都合でしたり、ご自宅にどうしても安置ができないような場合はどうでしょう。そのような時は、霊安室へのご移動をご相談下さい。場所は、その時々の空き状況などによって変わると思いますが、一旦御安置をすることが可能です。しかし、霊安室の場合は、共同で使用する場合があり、いつでも面会することや、ずっと一緒にいることはできないことがあります。公営の式場に御安置をした場合は、一切面会ができなくなる式場が多いかと思います。257341

その時になった場合は、自宅か霊安室のどちらかになるかと思います。まず初めの選択が迫られたとき、皆さんはどのような思いで大切な人を移動しますでしょうか。

焦らぬように、今のうちから、想いを確認しておくのもよろしいかと思います。

野田市市 葬儀 野田市斎場を利用してのご葬儀・家族葬は、アートエンディングにお任せ下さいませ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です