何気なく行う2つの法要の意味とは?

法要お葬式が終わった後にも四十九日の法要や初七日など7の倍数で行われる法要があります。
なぜ7の倍数に法要が行われるのかというと、仏教では亡くなった7日後に故人が三途の川にたどり着くと言われているからです。
ですから、故人が無事あの世へ行けるようにお祈りすることが初七日の主な目的となります。
初七日の次に重要視されているのが四十九日ですが、こちらにもきちんとした理由があります。
こちらの世界やあの世を行ったり来たりしていた故人の霊が正式にあの世に送り出される日が50日目、つまり四十九日の次の日なんです。
四十九日は故人との最後のお別れができる、そして残された人の喪が明ける日…ということですね。
法要は絶対にしなければいけない、と言う訳ではありませんが故人を偲ぶ初七日や四十九日はとても大切な日本の風習です。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です