カンボジア社員旅行記最終章!!

霊柩車・・他国の独特な葬儀スタイル カンボジアの葬儀・・・
自宅で死を迎えることがほとんどだというカンボジアの人々。
たとえ病気で入院していても、最期は自宅に戻って家族に看取ってもらうようです。
葬儀自体は、中国式の色とりどりの供物に囲まれた派手な葬儀と似ていて、結婚式と区別がつかないくらい華やかで、音楽なども流れ、賑やかな雰囲気で行われます。

花輪屋プノンペンで成功したとされる、ある息子さんの葬儀。首都プノンペンから葬儀業者が呼ばれ、電飾を多く使った派手な葬儀が行われたそうです。
しかし、参列者は極端に少なかった・・・その一方で、村人達によって式の準備から実施まで行われた葬儀は、参列者も通常の葬儀以上の人が部落内外から集まったのです。この二つは何を意味するかお解りですね。貧富の差はあっても、必ずしも幸せな人生や最期とは限らないのです・・・。

 

土葬から火葬へ・・・
中国では、1950年代以降、都市部を中心に火葬が広まり、ここカンボジアでもその傾向は同じようです。事実、プノンペン市内だけでは火葬場が足りず、郊外に増設する予定なのだとか。日本でも昔は土葬でしたね。

獅子舞同じ仏教国であること・・・
王朝によってはヒンズー教の時代もあったようですが、基本的には日本と同じ仏教国。有力者の豪邸前には、日本の神社にもある獅子が鎮座し、邪悪なものをよせつけないよう見張っています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です